ビタミン

 

ビタミンとは

人の体に大切な三大要素には、たんぱく質・炭水化物・脂質があります。人体が正しく機能するためには、これらの栄養が体内でエネルギーに変化する「代謝」という働きが必要になります。

 

代謝がうまく行なわれていないと、人の体は正常に働かなくなりますが、この代謝に必要不可欠なのがビタミンなのです。

 

ビタミンは、三大栄養素から見るとわずかな量ではありますが、ビタミンが不足すると、この三大栄養素がきちんと働かず、貧血や肌トラブルのほか、風邪を引きやすいという症状が出ます。さらには人の体に大きな影響を与えるビタミン欠乏症になることもあるので、注意が必要です。しかし、ビタミンは体の中で作ることができず、外部から摂取するしか方法がありません。

 

ビタミンの種類は、脂溶性のビタミンAやEと水溶性のビタミンB群などに分けることができます。この特長を生かして上手にビタミンを摂取するようにしましょう。

 

脂溶性ビタミンは、一日に必要以上の量を摂取すると、体内に蓄積しておけるのが特徴です。ただし、摂り過ぎると、どんどん蓄積されてしまい、ビタミン過剰症になることもありますから、適度な摂取を心がけることが大切です。

 

水溶性ビタミンは、逆に体内に貯めておくことができません。体に吸収されなかった水溶性ビタミンは、体の外へ出されてしまいます。そのため水溶性ビタミンは、毎日必要な量を摂ることになります。

 

体に不可欠のビタミンは、効率よい働きをするために、バランスの良い食事で摂取することが重要になります。特に水溶性ビタミンは、調理法によっては大事な栄養素が水に溶けて流れ出してしまうことがあるため、調理の仕方を工夫することも大事になるでしょう。